My Menu

menu

取り付け方法 |ウッドブラインド、木製ブラインドの専門店。製造から販売を一括して行い国内生産のウッドブラインドをお求めやすいお値段でご提供しています。

Method/取り付け方法

ウッドブラインド TOP>METHOD

取り付け方法は3種類

ウッドブラインドの基本的な取り付け方は以下の3種類に分類されます。お部屋の窓やイメージに合わせお選びください。

TYPE:NORMAL(窓枠内付け)

ノーマルタイプ(窓枠内付)
ノーマルタイプ(窓枠内付け)の特徴

窓枠の中に収める方法です。一番スタンダードな取り付け方です。窓枠に奥行が必要ですがお部屋がすっきり見え生活の邪魔になりにくいのが特徴です。

TYPE:NORMAL(窓枠前付け)

ノーマルタイプ(窓枠前付)
ノーマルタイプ(窓枠前付け)の特徴

窓枠、または壁面に取り付けます。木ネジが使用できることが条件ですが窓を覆うので光漏れが少なく、窓を大きく見せる効果もあります。

TYPE:FRAME(窓枠内付け)

フレームタイプ(窓枠内付)
フレームタイプ(窓枠内付け)の特徴

木ネジを使用せずフレームでブラインドを固定する方法です。木ネジが不要なため賃貸住宅でも取り付け可能ですし、取り付けも方法も簡単です。

他にもよくあるお問い合わせのある取り付け方

他にもよくお問い合わせのある取り付け方をまとめました。
これ以外の場合でもご相談いただければ設置方法をご案内いたしますのでお問い合わせください。

TYPE:SEPARATE
(連結での取り付け)

連結仕様
連結仕様の特徴

窓が大きくひとつのブラインドでは足りない場合や、操作性を優先する場合は連結仕様をオススメいたします。

TYPE:JAPANESE STYLE
(和室への取り付け)

和室への取り付け
和室への取り付け

和室へ取り付ける場合は障子を取り外していただき、空いたスペースに設置します。障子をスライドするための溝があっても、ノーマルタイプ、フレームタイプ共に取り付け可能です。

TYPE:CURTAIN BOX
(カーテンボックスへの取り付け)

フレームタイプ(窓枠内付)
カーテンボックスへ取り付け

ウッドブラインドはカーテンボックスの中に取り付けていただくことも可能です。ヘッド部分が隠れるためとてもスッキリとした印象になります。

設置条件にあわなくても諦めないでください!

設置条件を満たさなくても代替案で取り付けが可能になる場合がございます。
諦めずにまずはご相談ください!

TYPE:NORMAL(窓枠内付け)

窓枠の中に収める方法です。一番スタンダードな取り付け方です。
窓枠に奥行が必要ですがお部屋がすっきり見え生活の邪魔になりにくいのが特徴です。

設置条件

窓枠の奥行きが最低60mm必要です。85mm以上あればヘッドカバーを含めて窓枠内へ納めることが出来ますが、これ以下の場合には部屋側に一部がはみ出します。

窓枠内取り付け注意事項
その他の注意事項
  • サッシの取っ手や、セキュリティーセンサーなど干渉する恐れのあるものがないかご確認ください。
  • 窓枠の一部がアルミで覆われている場合は木ネジが当たらないようずらして設置していただく必要がございます。

採寸方法

窓枠の内寸をお測りください
※実際の仕上がりサイズは幅が10mm短くなります。

窓枠内付の採寸方法

採寸時の注意事項

  • 窓枠の奥行も測っていただき設置条件を満たしているかご確認をお願いいたします。
  • 出来るだけぴったりと設置するために長さはmm単位で測っていただきますようお願いいたします。

ノーマルタイプ(枠内付け)取り付け手順

ノーマルタイプ(窓枠前付け)の取り付け方は以下のスライドショーを参考にしてください。
※大きいサイズの場合や設置場所が高所の場合などには必ず2人以上で作業を行ってください。

取り付け手順 その1
01:下穴を開ける
ヘッドカバー上にブラケットの位置をシールで示してあります。
取り付け手順 その2
02:下穴を開ける
シールに合わせて窓枠へ印しを付けます
取り付け手順 その3
03:下穴を開ける
付属の専用ゲージに従って下穴位置へ印を付けます(「天井付け」と書かれた方をご使用ください。)
取り付け手順 その4
04:下穴を開ける
下穴を開けます
取り付け手順 その5
05:ブラケットの取り付け
穴を塞がないように付属の両面テープを貼ります
※仮止め用ですので不要であればお使いいただく必要はございません。
取り付け手順 その6
06:ブラケットの取り付け
下穴に合わせて仮止めします
取り付け手順 その7
07:ブラケットの取り付け
木ねじを軽く締めます
取り付け手順 その8
08:ブラケットの取り付け
両面テープを引っ張って剥がした後、木ねじを締め付けます
取り付け手順 その9
09:本体の取り付け
ヘッドボックスとスラットのあいだにブラケットを通すようにして固定します。
取り付け手順 その10
010:本体の取り付け
衝撃でブラインドが外れないようにフラップの爪をペンチで曲げます
取り付け手順 その11
011:本体の取り付け
ポールを引っ掛けます
取り付け手順 その12
012:本体の取り付け
スラットを固定している紙を取り除きます。
取り付け手順 その13
013:ヘッドカバーの取り付け
ヘッドカバーを取付けます(裏面にマグネット付)
次のスライドは動画になっています。併せてご確認くださいませ。

TYPE:NORMAL(窓枠前付け)

窓枠、または壁面に取り付けます。木ネジが使用できることが条件ですが窓を覆うので光漏れが少なく、窓を大きく見せる効果もあります。

設置条件

窓枠前に取り付けを行うため、取り付ける場所の素材を確認する必要があります。クロス地の壁面の場合、一般に下地は木ネジの効かない石膏ボードが使われています。板張りの壁やクロスの下地がコンパネでしたら問題ありません。(石膏ボードの更に下には木材の下地が入っている場合がありますので、その箇所には木ネジ が使用できます。)

窓枠前に設置する場合下地を確認してください。
その他の注意事項
  • 窓枠のでっぱりが2cmを超える場合はスペーサーとして木材などをかましていただく必要があります

採寸方法

窓枠前に取り付けられる場合は基本的にサイズはお客様のお好みとなりますが以下を参考にしていただくと間違いがありません。

  • 窓枠の外寸をお測りください
  • 高さは窓枠の外寸+最低60mmしてください
  • 横幅はお好みですが窓枠の外寸+左右に20mm~40mm程度してください。
窓枠前に設置する場合外寸にプラスしてください

ノーマルタイプ(窓枠前付け)取り付け手順

ノーマルタイプ(窓枠前付け)の取り付け方は以下のスライドショーを参考にしてください。
※大きいサイズの場合や設置場所が高所の場合などには必ず2人以上で作業を行ってください。

取り付け手順 その1
01:下穴を開ける
ヘッドカバー上にブラケットの位置をシールで示してあります。
取り付け手順 その2
02:下穴を開ける
シールに合わせて窓枠へ印しを付けます
取り付け手順 その3
03:下穴を開ける
付属の専用ゲージに従って下穴位置へ印を付けます(「窓枠前付け」と書かれた方をご使用ください。)
取り付け手順 その4
04:下穴を開ける
下穴を開けます
取り付け手順 その5
05:ブラケットの取り付け
穴を塞がないように付属の両面テープを貼ります
取り付け手順 その6
06:ブラケットの取り付け
下穴に合わせて仮止めします
取り付け手順 その7
07:ブラケットの取り付け
両面テープを引っ張って剥がした後、木ねじを締め付けます
取り付け手順 その8
08:本体の取り付け
ヘッドボックスとスラットのあいだにブラケットを通すようにして固定します。
取り付け手順 その9
09:本体の取り付け
フラップの爪をペンチで曲げます
取り付け手順 その10
10:本体の取り付け
スラットを固定している紙を取り除きます。
取り付け手順 その11
11:本体の取り付け
ポールを引っ掛けます
取り付け手順 その12
12:本体の取り付け
ヘッドカバーを取付けて完成です。

TYPE:FRAME(窓枠内付け)

木ネジを使用せずフレームでブラインドを固定する方法です。木ネジが不要なため賃貸住宅でも安心して、そして簡単にお取り付け可能です。フレームタイプの概要はこちらをご覧ください。⇒フレームタイプの概要

設置条件

窓枠の奥行きが最低75mm必要です。85mm以上あればヘッドカバーを含めて窓枠内へ納めることが出来ますが、これ以下の場合には部屋側に一部(ヘッドカバー、フレーム)がはみ出します。

窓枠内取り付け注意事項

採寸方法

窓枠の内寸をお測りください

窓枠内付の採寸方法

採寸時の注意事項

  • 窓枠の奥行も測っていただき設置条件を満たしているかご確認をお願いいたします。
  • 出来るだけぴったりと設置するために長さはmm単位で測っていただきますようお願いいたします。

フレームタイプ取り付け手順

フレームタイプの取り付け方は以下のスライドショーを参考にしてください。
※大きいサイズの場合や設置場所が高所の場合などには必ず2人以上で作業を行ってください。

取り付け手順 その1
01:フレームの設置
マジックテープのループ側を左右の窓枠に貼ります※貼り付ける前には窓枠表面の汚れ、ホコリを十分拭き取ってください。
取り付け手順 その2
02:フレームの設置
中央付近にマジックベルトを貼り付けます※貼り付ける前には窓枠表面の汚れ、ホコリを十分拭き取ってください。
取り付け手順 その3
03:フレームの設置
片側のフレームを取付けます(フレーム背面にはマジックテープのフック側が貼り付けてあります)
取り付け手順 その4
04:本体の設置
ヘッドボックスの片側をフレームに乗せます
取り付け手順 その5
05:本体の設置
もう一方もフレームに乗せますフレームを少し傾けて窓枠内に滑り込ませ、位置が決まった後フレームを窓枠に押しつけて固定します
取り付け手順 その6
06:本体の設置
マジックベルトを巻き付けます
取り付け手順 その7
07:ヘッドカバーの取り付け
ポールを掛け、ヘッドカバーを取付けて完成です

TYPE:SEPARATE(連結での取り付け)

幅が1800mmを超え1本での取り付けが難しい場合には連結での取り付けがおすすめです。
ノーマルタイプだけでなくフレームタイプも連結仕様対応です。

TYPE:NORMAL(ノーマルタイプの連結)

ノーマルタイプの連結

TYPE:FRAME(フレームタイプの連結)

フレームタイプの連結
採寸方法及び購入方法

基本的な採寸方法は変わりません。ご購入時には「連結あり」を選択してください。横幅を等分したサイズのブラインドが2本追加されます。
ただし一枚一枚窓のサイズが異なる場合は窓の大きさに合わせてご指定ください。

TYPE:JAPANESE STYLE(和室への取り付け)

和室へ取り付ける場合は障子を取り外していただき、空いたスペースに設置します。
障子をスライドするための溝があっても、ノーマルタイプ、フレームタイプ共に取り付け可能です。

和室への取り付け

■写真はフレームタイプです。

TYPE:NORMAL(ノーマルタイプ)

断面図

和室への取り付け その2
お取り付け方法

溝の部分に木ネジを打ち込み、溝がない部分でブラケットを支えるようにして取り付けます。溝が深い場合は長めの木ネジが必要となります。

採寸方法及び購入方法

採寸方法及び購入方法は窓枠内に設置する際と変わりません。

TYPE:FRAME(フレームタイプ)

パース図

和室への取り付け その3
お取り付け方法

通常と同じように両面テープを使用してフレームを固定します。フレームと窓枠には少し隙間を空けますので溝があっても干渉しないため問題なく取り付け可能です。

採寸方法及び購入方法

採寸方法及び購入方法は窓枠内に設置する際と変わりません。

ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

ちゃんと取り付けられるか不安な方はお写真をお送りいただければ適切なアドバイスをさせて頂きます。まずはお問い合わせくださいませ。

TYPE:CURTAIN BOX(カーテンボックスへの取り付け)

ウッドブラインドはカーテンボックスの中に取り付けていただくことも可能です。

カーテンボックスへの取り付け

取り付けイメージ

断面図

カーテンボックスへの取り付け その2

お取り付け方法等

お取り付け方法

ブラケットをカーテンボックス内側上部に取り付け、ブラインド本体をはめ込みます。

お取り付け条件

作業スペースとしてカーテンボックス内の奥行が100mm以上必要です。これ以下の場合は取り付け作業に支障が出ます。

採寸方法及び購入方法

採寸方法は窓枠前付けを参考に仕上がりサイズを決め、ご注文の際には取り付け方法は「窓枠前付け」を選択してください。
またヘッドカバーが不要の場合はその旨備考欄にお書きください。

注意事項

  • スラットは天然木の為、若干の反りたわみが発生する可能性があります。また、天然木に由来する木目、節等の柄が含まれます。
  • 木製ブラインドのスラットはフラットな為、アルミ製ブラインドに比べ遮光性は劣ります。
    完全に締め切ることは出来ません。
  • カーテンレールへの取付は出来ません。
  • フレーム付はネジ留めしないで取付けることが可能ですが、長年ご使用になるにはネジ留めすることをお奨めします。
  • 木製の羽は湿気に弱くカビが発生する可能性があります。浴室、脱衣場等湿気の多い場所への取付けには適しません

INFORMATION

ご注文・メールの受付

営業日にお問合わせ、ご注文いただきました場合は、原則24時間以内に返信いたしますが万が一返事が届かない場合はトラブルが考えられますので、お手数ですがメールやお電話でお問合わせをお願いします。

営業日・休業日につきましてはカレンダーをご確認ください。休業日のお問合わせやご注文受付けは、休み明けに順次ご連絡いたします。

商品の発送に関しまして

■発送日時

商品の発送は、注文内容が確定してから10営業日程度です。製造完了後(注文確定後8営業日程度)に配送日のご相談をメールでさせていただきますのでメールをご確認ください。

■発送方法

佐川急便の代引サービスを利用して発送いたします。運送会社をお選びいただくことはできませんので予めご了承ください。

決済方法と、手数料に関しまして

■決済方法

佐川急便の代引サービスを利用しています。商品のお受け取りの際は決済の準備をお願いいたします。決済は現金の他クレジットカードでのお支払いも可能です。

■各種手数料

弊社では極力お客様に分かりやすく商品を提供するために、送料・代引手数料、クレジットカードの手数料は全て無料です。

推奨ブラウザ及び実行環境

以下をお読みいただきご不明な点がございましたら問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

■推奨ブラウザ及びバージョン

当サイトを安全で快適にご利用いただくために、下記バージョンのブラウザでご利用されることをお勧めいたします。

・Internet Explorer 8.0以降
・Mozilla FireFox 3.0以降
・Google Chrome 最新版

■Cookieに関して

当サイトではショッピングカート機能にCookieを使用しています。ブラウザで無効にされている場合はショッピングカート機能はご利用できませんのでご了承くださいませ。

■Javascriptに関して

当サイトではお客様に快適にご利用いただくためにJavascriptを使用しています。ブラウザで無効にされている場合は、機能や表示に影響いたしますので有効にされることをお勧めいたします。

PAGE TOP

おすすめページ「ウッドブラインドの価格」
国内生産のウッドブラインドが驚きの価格で手に入ります。